労働や投資で貧乏生活!統合失調症と対人恐怖、緊張発汗に悩む社交不安障害者の闘病記!お金や職を奪うSADに立ち向かう!

スポンサーリンク

このサイトについて

当サイトは、人とうまくコミュニケーションがとれない社会不適合者の貧乏生活記です。

 

何度も自殺を試みたにもかかわらず、死ぬのが怖いためにこの世に踏みとどまる障害者。

 

現代生活になじめず、スペルをかけられた男。

 

そんな呪われた境遇の人間が餓死せず生きていけるのか?

 

それを、できる限り書き続けます。

 

私は、生まれてから社交不安障害と統合失調症という精神障害にかかっています。

 

精神障害者手帳は3級です。

 

働くことに関しては根本的に向いていません。

 

転職しても短期離職し、大卒ニートの状態です。

 

それでも、なんとか働かずに生きていけるよう、FX投資など試行錯誤をやっています。

 

心が脆弱なので、それを補うべく、独自の護身術研究も行っています。

 

移民が導入され、流入してくる外国人からの犯罪危機が懸念される現代社会。

 

日本の刑務所は、彼らにとって3食飯付きの天国だと言われています。

 

そうじゃなくても、閉塞感あふれた社会ムードの中、感情的な犯罪が増加しているのです。

 

一度、前科がつくと、社会復帰は困難になり、自暴自棄になる犯罪者。

 

刑務所は、定員いっぱいで、再犯を重ねる犯罪者が後を絶ちません。

 

銃の所持を禁止された日本国であっても、包丁を簡単に購入でき、どんな素人からでも殺傷のリスクは免れません。

 

そんな中、家族が生活する糧を得るため、労働に励むビジネスマン。

 

彼らは、実は、法的に脆弱な立場にあります。

 

少年法に守られた青少年。

 

彼らに失うものなんてないのです。

 

無知であるため、善悪の基準を理解できない、悪魔の無邪気さ。

 

格好の的になるホームレス。

 

弱者である、老人、女性、子供を集中狙いする鬼畜の所業。

 

暴行を加えられれば、勤労の継続だって困難になります。

 

最悪の場合、逆に訴えられて、失職するケースだってあります。

 

それだけでなく、成果主義が社内で横行し、ピリピリした職場で、トラブルにも巻き込まれます。

 

ブラック企業にのみこまれる労働者達。

 

人間関係のもつれから、社員同士で行われる喧嘩。

 

先に手を出した方が負けだという大人の世界。

 

悪い方は相手でも、感情を制御できずに暴力をすれば、立場は逆転しかねません。

 

法的に敗北し、多額のお金を支払うハメになってしまのです。

 

中には、会社で嫌になった怨みから、復讐を計画する社員まで現れる始末です。

 

監視カメラが普及し、簡単に映像記録が証拠として残る社会の中で、決して格闘技術を違法に行使してはならないのです。

 

そういった技術は、相手が一方的に攻撃をしかけ、生死が隣り合わせにある状況でないと、使用は許されません。

 

それだけ、監視社会となった現代の日本では、暴力は御法度なのです。

 

下手に抜け道なんて探ってはなりません。

 

しかも、相手が、所持自体厳禁なピストルを使ってきたら、己の肉体だけで防衛する理不尽にさらされるのです。

 

逃げられない状況で、初めて対処法を問われることになります。

 

逃げられるシチュエーションならば、さっさと退散した方がましでしょう。

 

飲酒が絡み、つまらないプライドで、挑発にのる方がよっぽど愚かであるのです。

 

この国にはこの国のルールがあります。

 

世界的に見て、日本の警察は優秀です。

 

どこかの外国とは違い、賄賂はほぼ皆無で、組織も保守的です。

 

しっかり法律を理解し、正しい対処を知っておかなければなりません。

 

そんな目に遭わないよう、護身を学んで、法律で暴行に勝利しましょう。

 

悪化する治安への対抗策の一助として、このサイトを作成しました。

 

また、かなり過保護で毒親の環境で育ち、アダルトチルドレンや発達障害も疑われる私です。

 

精神障害で通院歴がありますが、未成年の頃から世の中がメンヘラに対して理解のあった世代ではありません。

 

このハンデを負った状態で、20代前半は、健常者とともに働いておりました。

 

空白期間もすでに3年以上になりつつあります。

 

また、今の現状では、正社員になりたくてもなれない世の中になってきています。

 

第一、私自身に怒る能力がないので、一度、こいつなら何を言ってもいいと思われたら、どんどん相手は調子にのっていきます。

 

それが、人間の本能かというと、私にも、正直、分かりません。

 

今まで、学校や職場で実験しましたが、ほぼ100%の確率でみんな同じ反応を示してきます。

 

人間関係とは難しいものです。

 

正社員になるには、例外を除いて非正規労働者をまとめるリーダーの責任能力や、代替の効かない専門的な能力などを身につけている必要があるからしんどいです。

 

毎日、プレッシャーやストレスで押しつぶされている人も少ないと思います。

 

もう非正規労働しかできないと感じています。

 

無職歴が多くなるほど、実社会との関わりが薄れ、力が抜けていく気がします。

 

前の会社でも、試用期間でトラブルを起こし、数日で辞職しました。

 

誰かが、統合失調症やサイコパスな人格障害、うつ病などの病人に自立支援という名目で就職を強要しすぎると、かえって職場に混乱や迷惑が発生し、生産性が落ちるとおっしゃってました。

 

しかし、他人の迷惑を考えると、何もできなくなってしまいます。

 

そこが、利害対立の難しい部分です。

 

それで、パート、契約社員などの雇用形態を選んでも、結婚や生活もかなり困難になってくるでしょう。

 

正規と非正規の労働どちらをとっても、極端に偏っており、リスクがあります。

 

このサイトでは、廃人の人生日記を書いていきます。

 

人間関係のトラブルや日々思ったことを記していきたいと考えています。

 

どうか機会があれば、当サイトをご覧ください(´Д` )

スポンサーリンク